So-net無料ブログ作成
検索選択

気取った笑みを浮かべる [自作小説]

(3話目/8話)

 

「姉貴か?」
「お姉ちゃんに迎えに来てもらったんか、滝本」


「いや、偶然通りかかった赤の他人なんだが。手当てしてやったのに手前呼ばわりされて、
 しかもやっぱり知らない君たちから絡まれてる、不幸なOLだよ」
「はぁ・・・・・・」
 向こうは何だそりゃ、という顔をしている。そりゃそうだ。
 だったら逃げればいいだけの話だ。
 脅えて腰を抜かしているようには見えないし、ましてや恐怖を感じている雰囲気すら感じられない。
「だったらそいつをよこせよ。俺たちが手当ての続き、してやるからよぉ」
 下品な笑い声でその場を賑やかす、ザ・不良とでもヤクザとでもいえるような無頼漢
 対峙しているのは凄みのあるパンチパーマのおばちゃんでもなく、格闘家ともいえず、
 どちらかといえば華奢といえる部類に入りそうな女だった。
 ただ一つ。普通の女と違うのは、強い光を放つ瞳。
 まるで何もかも見通してしまうような、しっかりした目だった。
 興奮でキラキラと輝き、僅かな闘志が奥で燃えているのが見えたが、怒りや脅えは見えない。
 ようやく、男たちも様子が違う事に気づいたらしい。

「手当て? どんな手当てをしてやるんだ?」
「そうだなあ、とりあえず腕の一本でもこきりと鳴らしてやろうか?」
「それとも、高い鼻をぽきりと鳴らしてやろうか?」
 舌なめずりでもするかのようにいやな目をしながら、どういう目にあわそうかと考えて、
 俺の体と女の顔との間を一巡する。
 そんな男たちに、飄々とした感じで言い放った。
「なら渡してやるわけにはいかないな」
「ああ?」
「さっき言っただろう? 私はこの子を手当てしたと。だから、それを無駄にされちゃ寝覚めが悪いんだよ」
 そう言って、女は笑った。
 ニヤリと。そんな擬態語がぴったりの笑顔で。


 そんなふてぶてしい表情がお気に召さなかったらしい。
 けれど自分たちに脅えない女の様子に、男たちは鼻白みながらも文句を言い出した。
「お前の都合なんか知るか」
「俺たちはそいつを叩きのめせりゃそれでいいんだよ」
「やれやれ。そうとう恨まれているようだな。一体何をした?」
 目線で男たちに問いかけると、一人が鼻息荒く口を開いた。もう一人がおい、と制止音を発する前に。
「そいつはなあ、俺らのポップコーンを踏みつけたんだよ」
「・・・・・・」
 なんとも言えぬ嫌な沈黙が間に横たわった。
 言った本人は罰の悪そうな顔をしたが、ちょっと頬を赤らめながら、
 必死に何かを取り戻そうとするかのように抗議の声をあげ続ける。
「それだけじゃねえぞ!」
 そう。それだけじゃなかった。下っ端に喧嘩を売ってちょっと足腰立たなくさせてみたり、
 重要な書類破ってみたり、大切な取引の前に泥水を浴びせかけてみたり。
 まあ、言えないようなこともちらほら。
 そこの青筋立てている男の彼女奪っちゃったりとか。不可抗力だったんだけど。
 とにかくむしゃくしゃしていたのだ。若気の至り? 幼稚な所業?
 どう言われようが、こいつらのグループ全体が気に入らない。
 全てを聞いた女はふう、と調子を取り戻すように溜息をついた。

「・・・・・・君も随分とお茶目じゃないか、ええ?」
 全く変な奴だった。
 誰が楽しそうに笑うと思う?
 百戦錬磨の喧嘩野郎だったらともかく、普通の女。
 冗談じゃない。一般人がこんなに肝が据わってちゃ、情けなさ倍増じゃねえか。


「私としてもね、弟のような年齢の君たちが喧嘩しているのは忍びないんだ」
 女はさも残念だというように首を振った。
 何故か追っ手の奴らは雰囲気に飲まれているのか野次が弱く、程よい独壇場と化している。
 というか、あっちに親父丸出しの奴らとかいるのに、弟? コイツ一体何歳だ?
 恐らくその場にいる殆どが思っていただろう。
 それを感じたのか、女は早口で続ける。

「言っただろう? 折角お金を出して手当てしたんだ。無駄にされると薬代も勿体無いし。
 OLの給料なんてたかが知れてるんだよ」
 本当にさあ、と暗い顔をした女は本当に一般人の顔だった。いや、そんな所帯じみた感じ、今いらないから。
「それを無駄どころか踏みにじって、君達が後でこんな悪戯ばかりしている
 やんちゃ坊主のために治療代を払ってあげるというのか?」
 あれ? 何かちょっと話ずれてんじゃね? 殴るって言ってたんだよこいつら。
「喧嘩した理由を聞いて、ちゃんと叱った方がいいよ。
 殴って、蹴って、一時はすっきりしてコイツもおとなしくするように思えるけれど、
 裏では反発心を燃やして、またやってやると思うに違いないのだから」
 そうだろう? と女は聞いた。視線を逸らして何も答えない俺にふっと鼻で笑う。
「見ろ。恩人の私にさえ返事を返さない奴だぞ。そんな恩をあだで返す奴はモトを正してあげないとなあ?」
 と、どこか意味深な笑みを浮かべた。それがどこか・・・(認めたくはないが)恐ろしげで、一同言葉を失う。
 女が屈みこむ。未だ楽しそうな笑みを口元に浮かべながら。


「ん? 言ってみろ。あちらさんが気に食わなかったのか? カッコいい極彩色の服着てるから?
 パンチパーマに憧れて? それともグラサンが羨ましかったのか?
 あ、お前短足だから、あの人が無駄に足長いのに嫉妬したんだろう」
 グラサン言うな、いつの時代だ!
 それにパンチパーマなんて言ってやるな、アイツは地毛だぞ? というか、んな安い理由で喧嘩売るかよ!?
 開きかけた口は、顎を掴まれた華奢な手に阻まれる。
 ぐいと頷かされ、ざわとどよめいた。「マジかよ」なんて声が笑い声と共に聞こえてきた。
 マジじゃねえよ。明らかに無理に頷かされてんだろーが、馬鹿。
「もうしないだろう? なあ、坊や。仲良くしてほしくて悪戯しちゃう、小学生の気分だったんだよな?
 いずれ嫌われても知らないぞ?」
 嫌われて何ぼなんだよ。
 言いたかった言葉は何故か出てこなかった。不敵に笑う女の瞳が一層輝いていたからだろうか。
「ほうら。こうやって理由を聞いてあげたら、こんなひねくれた奴でも反省するもんだ。
 結局根本的な解決方法は、根っからもうしないように諭してあげることだよ」
 そう言いながら、「それに怒ると健康にも悪いしね」などとまたもや頓珍漢なアドバイスを授ける。
「ああ、それとこの中にバイクを大音量で鳴らして走るのはいるかい? あれはやめたほうがいいよ。
 何となく、おもちゃを買って欲しい子どもが阿呆みたいに駄々をこねて泣き叫んでいるように聞こえるからね。
 滑稽な真似は控えめにしたほうが、角も立たない」
 お前が角を立てているんだと思う。
 そうは思ったが、どちらも調子を狂わされているらしく、誰も何も言わなかった。

「あーあ・・・・・・何か、もういいや」
 追っ手の中でリーダー格の奴が興味を失ったように欠伸を漏らした。
「今日はその変な姉ちゃんに任せとくわ。しかし、また悪戯したら今度こそ容赦しねえからな? ソージちゃん?」
 ニタリ、と嫌味な笑いにイラッとしたが、体の節々が痛んですぐには動けず、
 その間にお開きかよ、暴れ足りないのになんて言葉を残しながら奴らは帰っていった。

 

 

お題提供 月と戯れる猫

 


nice!(0)  コメント(0) 

黒い瞳が微笑む [自作小説]

(2話目/8話)

 

 女は顔にかかった髪を払いながら笑った。
 その顔が何だか寂しそうにも見える。


「同情なんてごめんだ、か・・・・・・」
「そうだよ。お前だって手当てする振りして俺を蔑んでるんだろう」
 女は一瞬黙った。
「なるほど、そうかもしれないな」
「・・・・・・・・・・・・」
 本気かよ。信じらんねえ。
 俺は自分で言っておきながら目の前の女に幻滅した。
 会ったばかりで数分しか経ってないのだが、やっぱりコイツもそんな奴だったのかと、勝手に見切りをつける。
「だが、私は痛いのが嫌いだ。血も大嫌いだ」
「ってぇ・・・・・・」
 ぐい、と手を引っ張られ、消毒薬をかけたガーゼで傷口を拭われる。
 思わず声が出たが、女は気にせずガーゼを押し付けながら続けた。
「君のそんな痛々しい姿を見ていると、たまらないんだ。見ただけで自分まで痛いかのような気になってくる」
「・・・・・・」
「だから、これは私のエゴ100%かもしれないけど、そういうものだと割り切っておとなしく手当てさせてくれ」
 そこまで言うと、顔に手を当てようとする。反対の手にはツンとする匂いのガーゼを持っていた。
 反射的に手を避けようと上体を後ろにそらすと、女はまたふと笑った。
「そんなに脅えなくてもなにもしやしないよ」 
「――ッ!」

 簡単に追いつかれて、頬に手を置かれ、反対の頬を優しく拭われる。
 全く変な奴だった。
 誰が脅えてるだって?
 この俺が? こんな女に?
 冗談じゃない。
 そうは思いながらも、これ以上何か言っても言い返されそうだし、逃げる気力もない。
 冷たい夜風が、段々寒くなり始めたが、そのまま女の好きなようにさせるしかなかった。


 ばたばたと慌しげな足音と、複数混じる罵声が聞こえてきた。
 あいつらだ。
 瞬時にそう判断すると、この場から逃げようと無意識に腰を浮かしていた。
 さっきまでは一歩も動けずに、今度見つかったらその時はもうどうでもいいとまで思っていたのに。
 案外人間というものは、少しでも力を得ると痛みから逃れようとする本能があるらしい。
 しかし、動けなかった。
 足でも折れていたのか?
 そう思って自分の体を見下ろせば、さっきまで目の前にいた女の手が俺の体を押さえていた。

「テメェ・・・何のつもりだ」
「見つけたぞ! こっちだ!」
「滝本ォ、今度こそぶっ殺すぞ? 毎度毎度、派手に暴れてくれるよなあ」
 いかにも頭の・・・・・・訂正。
 (いくら本当の事であろうと、言ってほしくはないだろう。
  というか、それは自分にも当てはまるのでやっぱり言いたくない)
 柄の悪そうな男たちが公園の入口をふさいでいた。
 やっぱり来やがった。
 チッ、と舌打ちをして、また立ち上がる。が、できなかった。やはり女の手が俺を押さえたまま、びくともしない。
 恐怖で固まっているのだろうか。だったら相当面倒くせぇ。
「さっさと逃げろよ。・・・・・・テメーも絡まれんぞ」
「やれやれ。恩人になろうというのに、とうとう『お前』から『手前』に格下げか」
 あれ、元々「お前」と「手前」って敬語の一つだったっけ。どっちが上だったかなあ。やっぱ格下げ?
 そんな緩い呟きを残しながら、ゆっくりと立ち上がる。
「んだコイツ?」
「・・・おい? だから逃げろって」

 女はこっちをちらりと振り返った。
 まるで内緒話でもするかのように、あちらから顔を隠そうとでもするかのように。
 黒々とした切れ長の瞳が、風に煽られた髪の隙間から、
 期待と興奮を必死に押し込めているような、物騒な光を覗かせていた。

 

 

お題提供 月と戯れる猫

 


nice!(0)  コメント(0) 

無言の痛み [自作小説]

(1話目/8話)


 顔が熱い。
 顔が痛い。


 荒くついた息は夜の外気に晒されて白く立ち消える
 ずきずき痛む腹も手足もどうでもよくて、だらりとベンチに寄りかかる。
 小さな公園はいまや俺にとっては安住の地で、通りかかる奴が全て
 憐憫やら軽蔑の目をして通り過ぎていくのも、こちらに危害を加えないならどうでも良かった。
 いや、それは嘘かもしれない。
 誰かが通りかかるたびに、目で追ってしまうのは、少しは気にしていたのかもしれない。
 最もそれは、ずっと後になってから分かる事だったけど。
 俺は血の味がする口の中を、水道から流れ出る生温かい水ですすいでから地面に腰を下ろした。
 欠けた月まで微妙に赤く見える。
 ぼーっと空を眺めていたら、公園の入口付近から足音が聞こえてきた。
 あいつらかもしれない。のろのろと顔を向けると、横断歩道を渡ってくる女が歩いてきていた。
 OLだろうか。

 渡り終えると視線を感じたのか、こちらを見て、それから眉を顰めた。
 辺りを見回して、足早に過ぎ去っていく。
 こういう反応には慣れっこだったが、さすがにコンビニに駆け込んでいくことはないだろう。
 そこまで俺の姿は危険人物に見えるのだろうか。
 また月を見上げる。今度は雲がかかっていて、うっすらと周りを照らす控えめな月だった。
 足音が聞こえて、何となく目を向ける。ビニール袋を手に提げた、あのOLが向かってきていた。
 こちらの傍へと近寄ると、そのまま立っている。

 何も言わないままだから、仕方無しに声をかける。
「・・・・・・なんだ?」
「よかった、気を失ってはいないようだ」
 ビニール袋を探りながらのほっとしたような声音だったが、
 そのことより、目の前の女の口調に俺は驚いていた。
 声の高さや柔らかさの欠片もない、男みたいな喋り方だ。
 まあ、どうでもいいか。そんなこと。

「怪我をしているみたいだね? 見せてご覧」
「やめろ」
 大した気力はなかったが、こちらへ伸ばした手を振り払う。
 痛みはなかっただろうが驚いたようで、女は吃驚したように目を丸くしていた。
「何でだ? そのままにしておくと菌が入るぞ。熱が出ると辛いと思うが」
「自分でやれる。だから構うな。同情なんてゴメンだ」

 本心だった。
 近づいてくる奴は機嫌を取るか、服従させようとするかのどちらかで、もうどうでもよかった。
 払われた手が虚しく宙に浮いたまま、冷たい夜風が吹いて、女の髪を揺らす。
 女は目を細めながら、静かに微笑んだ。
 それがどこか嘲笑に見えて、俺は女から目を逸らした。

 

 

お題提供 月と戯れる猫

 


nice!(0)  コメント(0) 

折れたつるぎ [自作小説]

 

「一泡吹かせてやる!」

自信に満ちた瞳で彼は言った。
なるほど、彼は確かに剣の技量があるのだろう。
俊敏な身のこなし、完璧な剣の型。
力を出すための筋肉も程よくついている。足運びもまずまず。
おまけに顔の造作も悪くないときた。
けれど、所謂井の中の蛙。

彼の周りにいる者達の中に、彼に教える事の出来る者が何人いると思っているのだろう。
踊りに長けたご婦人が、初心者を上手くリードして教えていくように、巧みに剣のリズムを操っている。
彼の力を引き出すのに長けている。
ならば、私はそれを断ち切ってみせよう。
恐らく、私は彼にとってやり難い者の一人になるだろう。

 

すらりと鞘から解き放たれるは、意匠を凝らしたものではなく、大した飾りもない、使い込まれた古い剣。
懐かしい重さと手ごたえと、自分の指の形がつくまで親しんだ、私の剣。
あの者の驕りを振り払うために、さあ共に。



彼は悔しそうに、遠く離れた剣の切っ先を見つめていた。
「お前の名は? さぞや名高い剣士だったのだろうな」
「とんでもない。名など知れておりませんよ。どこにでもいる、ごく普通の旅人でございます」


老いた兵は、国を出て彷徨い歩く。
領地も君主も捨てたその身には、若人を見守る役目。
されどそろそろ、ここではないどこかに骨を埋めましょうか。

 

お題提供 月と戯れる猫

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

永遠には程遠くても、できるだけ長い時間を一緒に [自作小説]

 

木の枝が頬を掠める。
痛みが走ったが、足を止めて待っている痛みの方が勝っている事は、百も承知。
握っている手をきつく握り締めると、相手も強く握り返す。

夜空の月は雲に隠れ、星明りもほとんど見えない。
こちらにとっては好都合と、木々の陰に身を潜めながらも走り抜ける。
気配を消しながらも、一刻も早くこの場から、遠く、遠く逃げなければ。


「貴方を殺す」
「ならば、お前を殺す」

にらみ合った途端、すうっと背筋が冷えた。
お互いに看取った仲間の顔が浮かんでは消える
それと同時に、互いを想った瞬間も気持ちも思い出してしまう。

構えた銃身を下ろす。
相手も腕を下げ、ホルスターに戻す。
潜ませておいたナイフも、取る気になれない。

殺気が消えて、二人見つめる。
仕方無しに笑う。
決意を秘めた瞳で見返す。

「逃げるか」
「ええ」

君と共に。
貴方と共に。
同じ思いを抱えて、一瞬のうちに走り出す。

すぐに追っ手はやって来るだろう。
どちらの死体も転がっていない事に気づいて。
闇に葬ろうと執行人が迫ってくる。

それでもこの時間だけは。
逃げきれるとはどちらも思っていないけれど。
今まで触れ合えなかったぶん、この時だけでも共に。


永遠よりも尊い、確かな時間を。

 

お題提供 Noina Title

 

 


nice!(0)  コメント(0) 



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。