So-net無料ブログ作成
検索選択
今日からマ王! ブログトップ
前の5件 | -

花園のワルツ [今日からマ王!]


「うわー、あっちぃ」
 ぱたぱたと精一杯の抵抗で、手で仰いでみる。
 微風がそよぐも、その動作のせいで余計に暑く、自然の風が吹くのを今か今かと待ち望む。
 そんなある日の午後。

「暑いならば室内にいればいいだろう」
「いやー。日陰だったら幾分涼しいじゃん? 外に居たいんだよ。でも今は陽が高すぎるからさ。
 東屋にいるの。日本に比べれば湿度が少なくてすごく快適なんだけど、やっぱり暑い」
「どっちなんだ」
 ふう、と呆れた様子でグウェンダルが近くの席に腰を下ろす。
 ようやく仕事も一段落し、二人揃って軽めのティータイムを庭園で楽しんでいた。
 きーんとするほど冷たい紅茶を、体のために口元で温めながらゆっくりゆっくり嚥下する。
「ふー、最高。少し風も出てきたし、何だか眠りそうだなー」
「そうか。なら夜までいるといい」
「・・・なんで?」
 どういう意味だろう?
 幾ら彼でも、敵意を透かす嫌味を言うほど、おれを嫌ってはいないはずだ。
 ならこの台詞は嫌味ではない、別の理由があるのだろう。

「母上が」
「ツェリ様?」
「今から考えれば、あれは咄嗟の作り話だったのかもしれないが、
 綺麗な月が照らす晩は、花の隙間から妖精が出てくるのだそうだ」
「妖精ぃ? あ、ごめん」
「今よりずっと。お前よりも小さい、グレタくらいの年齢だった私は真に受けてな」
 お前よりも、のところがちょっと強調されたような気がしたのは、気のせいだろうか。
「それで、ほら・・・・・・あそこの日時計を広場にして妖精が踊り、地の霊を喜ばせるんだそうだ。
 それが見たくて、寝所を抜け出してここで一晩過ごした事がある」
「大騒ぎになったんじゃねぇ? そのころはもうツェリ様は魔王になってたんだろ?
 王子様が行方不明って国家の一大事だろ」
「どうだったか・・・酷く怒られた、という記憶は無いのだが」
 きっとあまりにも純粋すぎて怒れなかった、とかそういうオチかもしれない。
「妖精のダンスねー。グレタとかも喜びそうだな」
「なんなら見てみるか?」
「何を?」
「『花園の円舞曲』だ。たしか今年だったと思うが、41年ごとにしか花が咲かない珍しい花があってな」
「微妙な年数だなー」
「そう言うな。開花して一日ともたない儚い花を鑑賞するのと共に、夜会が開かれるんだ。
 妖精とまではいかないが、貴族の娘達が社交界に名を連ねるきっかけの一つでもある」
 お披露目パーティーというわけか。あれ? それって・・・

 

「もしかして、おれ主催者側? 出なくちゃ駄目?」
「当たり前だろう、城での催しだぞ。もちろん、踊りもこなさなければ各国の要人の手前、面目が立たない」
「うわああ、やっぱりかー」
 ワルツなんて踊れない! 幼女と人妻とのダンスしかしたことないし。
 あとは、まあ。諸々やってはみたものの。
「・・・・・・練習しておくんだな」
 コンラートがとても上手だから、と呟くグウェンダル。
「あんたは? 踊るの上手?」
「コンラートの方が上手い」
「んじゃ一般、普通レベルからすれば見れるくらいには上手い?」
「・・・恐らく」
「じゃあおれとの練習、たまにでいいから付き合ってくれない? 前船上パーティーで見たんだけどさ。
 こっちでも外国女の子って背が高いの! グウェンくらいの背の子までいたんだぜ?
 魔王の前に、男子としての面目がたたねーよ!」
 ううう、と崩れるユーリに、それはもしかして女装したグリエなのでは、と思ったグウェンダルだったが、
 何となく言い出すのははばかられた。やる気になったのは良いことだ。

 

 本番当日、勘違いに気づいた有利が開き直って発した、「グウェンダル踊ろう」。
 そんなやけくそ半分の軽口にしてやられるのは、また別のお話。

 

お題提供 月と戯れる猫

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

願いの行く末 [今日からマ王!]


「なあ、あんたって何か願い事ある?」
「・・・願い事?」

 

 考え込んでいるのか、彼は黙ってしまった。
 何となく沈黙が続いて欲しくなくて、適当に話を繋いでみる。
「ここではさ、七夕で願われたらどこに行くんだろうな」
「どこにとは?」
「神様が叶えてくれるのかな? でもそれって地球だけの管轄だったら誰が叶えるべきなんだろう?」
「この国なら眞王陛下じゃないのか」
「でも、眞王は一応死んでいるわけだし、というか体がない分不便だろ。
 だとしたらオールマイティな存在とはいえない。なら、おれが叶えるべきなのかな」
 考えていたら、かなりの重労働だった。王様の役目かもしれない、けどやだな。
 違う。嫌じゃないけど、でもとても大変そうだ。
 ふう、と二人の溜息が重なった。

「・・・・・・王は民の声を聞く」
「うん」
「だが、全てを叶えるわけにはいかない。あまりに極端な願いを叶えれば誰かに皺寄せがいく」
「・・・うん」
「だから、王は黙って様々な声を聞いて、できそうなものを、しなければいけないものを選り分けて
 拾っていくのが仕事なのではないかと。私はそう思う」
「じゃああんたの願い事は?」
「戻ってきたな」
 再度さっきの話題を持ち出したおれに対し、彼は珍しく苦笑した。
「何か願えば、お前は困りそうだ」
 今でさえ仕事が覚束ないのにな? と、悪戯っぽく笑う。
「茶化すなよ・・・・・・何かないの? 願い事。魔王が仕事の能率を上げたらいいのにーとかいう願い以外」
 くくっと小さく笑い、そうだな、とグウェンは夜空を見上げた。


「笑顔が増えるといい」
「・・・どういうこと?」
「お前が変えてくれるんだろう? 魔族のやり方を。正しいことをするんだろう?
 私達だけでも戦争をしないように。それがどんどんと染み渡って笑顔が増えるといい。
 ・・・そうしてくれるんだろう? 陛下」
 グウェンダルの目線は相変わらず外れていて、雲に隠れてしまった月を見上げたままだった。
 どこか照れ隠しのようにも見えたが、今だけは分かる。
 この台詞はきっと、彼の本気の願いだ。

 

「・・・・・・見ててくれるんだろう? なら変えてみせるよ」
「口だけにならなければいいが」
「あー。褒めて伸ばすって言葉知らないのか、グウェン?
 マイナスな言葉ばっかり言ってるとおれ自信なくすかも」
「言っていろ。それは母親の仕事だ」
「ならグウェンダルが父親ってこと? ええ~・・・」
「何か不満か」
「いや、もうおれ親父いるし」
「比喩だ。気に食わないなら祖父にしておくか」
「無理矢理家族ポジションにならなくても、友人とか・・・
 何か色々あるじゃん。傍にいるポジションって」
「やれやれ。まだお守を続けさせるつもりだな」
「お守ゆーな。一応これでも成人してますー」
「そういうところが子どもだと・・・」

 

 ぽつぽつと語る二人の頭上で、きらり。
 もくもく広がる雲の上で、一筋。星が流れて消えた。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

甘美な色をした、 [今日からマ王!]

 

―― 好きな人が傍にいるときに、降りてくる花びらを掴むとね、ずっと一緒にいれるのよ。

 じゃあ、すでにそうなっている人は?
 そうおれが聞くと、あらなあに? ゆーちゃんたらもうそんな人がいるの? いつかママにも紹介してね、なんて言う。
 違うよって言っても、いいのよ照れなくてもなんてくすくす笑って流されてしまった。



「あれ、結局どうだったんだっけー」
「何の話ですか?」
「・・・・・・」
「お前は脈絡もなく喋りだすんだな、ユーリ」
「何か分からないことでもございましたか?」

 ぽつりと漏らしたおれの呟きを拾ったのは、コンラッド、ヴォルフラム、
 そして教育者の顔になったギュンターだった。
 グウェンダルはただ上を見上げているばかりで、話を聞いていたのかは分からない。
 上には満開の桜の花。
 これはおれのポケットに入っていた桜を、アニシナさんの植物栄養剤で大きくしちゃった代物で、
 今のところ悪影響は及んでいないらしく、去年と同じように地球よりも僅かに遅い時期に咲き始め、
 丁度見ごろになったのだった。
 下には豪華なお弁当。
 例のごとく、始終気難しい顔をして黙っているグウェンダルが作ってくれた物で、相変わらずとても美味しい

 去年見事だと話題になった桜の花は、今年是非とも花見をしたいと長蛇の列が出来るほど
 花見参加を願い出る人が多く、それならばと何回かに分けて花見をしようかということになった。
 今日はその初日目。
 貴族達からの花見希望も出ていて、一般兵や、抽選で当たった国民が固くならないようにと、
 初日に貴族の花見希望者を集めることになった。
 同じようにおれたちも参加したのだが、気を遣ってくれたのか、おれたちのまわりだけがぽっかりと開いている。


「そんなに離れなくてもいいのにな」
子連れで来ている者もおりますし、陛下の御前で粗相でもするのではないかと不安にもなりましょう」
「そういうもん? おれ気にしないのに。幼稚園とか通ってたし、子どもの集団には慣れてるよ?」
 泥遊びしてる子どもとか、高いところに登る子どもとか、大声で走り回る子どもとか。むしろおれ。
「なんとお優しい・・・!」
「ならば、来年はもっと人が集まるように配分も考えないといけませんね」
「本当に誰彼構わず引っ付ける浮気者だな、ユーリは!」
「なんだよ」
 そうは言ったものの、ヴォルフラムは怒った目も、呆れたような目もしていなかった。
 コンラッドと同じような目で、何だか見守るような目だ。

「あ、早いですね」
 ひらりひらりと、白っぽい花びらが風に煽られて落ちてくる。
 気づいたコンラッドの目線を追って、おれも辿るうち、
 お袋がいつだったか言ったおまじないらしき話を思い出した。
 ふわり、また降りて今度はヴォルフラムの頭を飾った。
 もう一枚舞って、ギュンターの杯の中を彩る。
「風流ですね」
「なんかそれだけで味が変わった感じがするよな」
 こくりと嬉しそうに味わったギュンターの頬が淡く色づく。

「花見って何日あるんだっけ?」
「四日です。今日が初日ですから、あと三日ですね」
「なら最終日が一番綺麗かもしれないなあ」
「花が落ちてしまう時期なのにか?」
 ヴォルフラムが不思議そうに聞く。
「うん。そうなんだけど・・・花びらが風に乗って落ちる風景を花吹雪っていうんだよ。それも凄く綺麗なんだ」
「なるほど。分かる気がします。一つを見ると白っぽいし、まるで雪みたいだ」
「吹雪ということはたくさん落ちるんだな」
「そう。一気に咲いて、一斉に散る」
「・・・・・・思い切りのいい花だな」
 それまでほとんど喋らなかったグウェンダルが、ぽそりと呟いた。
「けれど少し寂しい気もしますね」
「太く短く。いい人生ではありませんか」
「ギュンターは太く長くって感じだな」
「それほどでも」
「待て、それは褒めていたのか。コンラッド?」
 さあ? とコンラッドは爽やかに笑った。


「ほっ、やっ、とっと・・・」
「・・・一体何の踊りだ?」
 今度こそ呆れたように見たヴォルフラムの気持ちを代弁したように、グウェンダルが聞いてくる。
 踊ってねーよ。
「花びらをとってたの。・・・・・・っよし!」
 意外と地味なことに嵌まってしまったりする。
 握りこぶしの中にはくしゃくしゃにならず、綺麗なままの花びらがきちんと収まっていた。

―― 好きな人が傍にいるときに、降りてくる花びらを掴むとね、ずっと一緒にいれるのよ。

 この場合は、どうなんだろう。
 ずっと一緒にいたい人が、たくさんいる場合は。
 同じように、効いてくれるのだろうか。


「意外と難しいですね。・・・取れた」
 ほら、お揃いと差し出してきたコンラッドの手のひらにも花びらが乗っていた。
「あ、ずるいぞコンラート! 僕だって!」
 えいえいと何回も失敗してようやくヴォルフラムも掴む。
 ほら見ろ! と差し出してきた花びらの端っこがつぶれていたのは、この際見なかったことにしよう。
「二枚取れましたよ」
 嬉しそうにギュンターも差し出して、動こうとしないグウェンダルの手のひらに、一枚落とす。
 それと同時に、グウェンダルの髪の先に花びらが絡まった。
 ぷっと吹き出したおれに、何事だと眉間にを寄せるグウェンダルの顔も、
 花びらがアクセントになって、ちっとも凄みが無かった。


 傍にいる、この大好きな人たちと、どうか一緒に。
 ずっと一緒にいれますように。

 


お題提供 月と戯れる猫


 


nice!(0)  コメント(0) 

寄りかかっても、いいよ。 [今日からマ王!]

 


「・・・・・・くっ」
「グウェン? 大丈夫か?」

 荒い息遣いだけが聞こえる。返事をする余裕もないようだった。
 異常に疲れている様子からみると、またアニシナの実験に付き合わされたのだろう。
 ユーリが心配そうに近づいた。
「おれの肩貸すよ。そしたらちょっとは楽に――」

 

 動かそうと纏わりつく手をやんわりと外しながら、グウェンダルは片手を壁についた。
「いたっ。何すんだよ」
「大丈夫だ。一人でも歩ける」
 額に鋭い痛みが走ったユーリが恨めしげに見た先には、形の良い人差し指がこちらを向いている。
 でこピンされたのだと知って恨み言が口から出たが、それすらも楽しんでいるかのように彼は口角を上げた。 
 脂汗をかいているせいで、どうにも痩せ我慢している痛々しい姿にしか見えない。


「――ッ!」
 驚いたようにこちらを見返す彼に、ふふんと鼻で笑ってやる。
 体の異状が明らかな人物に大して無理やり腕を引っ張って、
 しかも挑発するなんて自分でも何をしているのかと思ったが、構わず続けた。
「無理したらもっと悪くなんだろ?
 ほら。いかにも看病されてますーってのが嫌なんだったら寄りかかるくらいでもいいからさ。
 くっそー、もう少し身長あったら無理やり負ぶっていけるんだけどな」
 グウェンダルは、ぶつぶつ呟きながらも諦めようとしないユーリの旋毛を見下ろしながら、かすかに笑った。
「当分無理だろうな」
「いーや、絶対越してやる。グウェンダルちっちゃいなーって言ってやる」
「小さい夢だ」
「うくっ。小さい言うなー!」


 やがて緑色の軍服と黒色の上衣を着込んだ二人は、毒づきあいながらも二人して扉の向こうへと消えた。

 

お題提供 哀婉

 

あとがきを読む


nice!(0)  コメント(0) 

君の悪戯は全部お見通し [今日からマ王!]


そもそも、城が無駄に広いからいけないんだ。
どうしたって死角は出来るわけで、あんな経験をしたら試してみたくなっちゃうじゃないか。

そう言ったら、いつも通りの呆れ顔でため息をつかれた。
なんなんだ、そのどうしようもないっていう表情は。


フォンヴォルテール卿はその日、らしくなく焦っていた。
どうして揃いも揃って、期日が今日の書類を今日出してくる。
期限を今日見て、慌てて作成しているのじゃないだろうか。それなら不備も多いだろう。
手直しを考えればさらに無駄な労力と時間がかかるのだから、
もっと余裕を持った書類作成を心がければいいのに。というか、集計作業等は早くから取り掛かるべきだろう!
数項目だけ出してきて、残りは「結果待ち」だなんて言い訳は見飽きている。
集計を始めて書類を作成した日付も記させなければ駄目なのだろうか。
いや、それならそれで誤魔化すに決まっている。

まあいい。こんな有様なのはいつものことだ。
領主たちや自分の部下たちに出させる報告書は、大体期日どおりに有る程度見られる様で提出されるが、
十貴族の幾人かに書類の提出を求めたところ、
地位ゆえの傲慢さなのか領主としての仕事に追われているのか、なかなか期日に間に合わない者もいる。
どちらにせよ、自らの器の狭さが原因だ。それならそれで、対策をしておけばいいのに。
こんなことがあろうかと、本当に必要な期日――自分の中では「裏期日」としているが――
それよりも二週間前に期日を設定しておいてよかった。

しかし、不備や修正を全て洗い出して、更なる提出を求めるために、今夜中には見直しを終らせておかなくては。
連絡や発送は明後日までには。
そんなことを考えていると、曲がり角を曲がろうとしたとたん、
声をあげながら飛び出してきた黒い影がいた。思わず脱力してしまう。

 

「・・・・・・何をやっているんだ」
「だって、難しそうな顔して歩いてるからさ。ちょっと和ませてやろうかななんて思うじゃん。
 『わ!』って声をかけて驚いた顔とか見てみたいじゃん」
「お前は12歳児か」
「え、何それ」
「考え方が幼いという意味だ」
「ああ、日本で言うところの三歳児みたいなもんだな? って、失礼だなー。
 中一くらいの年齢だろ、それだったら幾らおれでもしっかりしてるって」

眞魔国での見た目年齢でいうなら三、四歳程度の外見だろうに、
それを失念しているユーリは唇を尖らせる。
そうするとますます子どもに見えて、グウェンダルは脱力した。

「しっかし、あんたって驚かないよなー。驚いた顔を見たのってアニシナさん関係くらいだもの」
「あいつの名前を無闇に出すな。いつ忍び寄ってくるとも限らない」

噂をすれば影、というのは眞魔国でも共通らしい。
大きな手のひらで口を柔らかくふさがれ、ユーリはごめん、と囁いた。

「第一、隠れるならばもっと気配を消しておけ。お前は気配が強すぎる」
「気配なんておれ分かんないよー。何、それでばれちゃったの?」
「まあ、そうでなくとも子どもの考えている事は単純だからな」
「子どもっていうなー!」

 

お子様はお子様なりに、怒ったら怖いんだぞと、怒り顔をしてみせるユーリに
出来るものならやってみろとグウェンダルは笑った。
そこまで言うなら絶対驚かせてやる、ときらきら輝く瞳に、
欠片も似ていないはずなのに過去の自分が重なって見えた気がした。

どうせ自分が何十年前に考えた事と、さして変わらないだろう。
子どもの考える悪戯など、大抵似たり寄ったりなのだから。

 

お題提供 哀婉


 


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 今日からマ王! ブログトップ



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。