So-net無料ブログ作成
検索選択

強さだけを求めた。何が悪い? [自作小説]

(5話目/8話)

 

「あーあ、よく寝た。さて、今日は何をしようか・・・」
「おい、その前にこれを外しやがれ」
「あ、いたのかい? というかその状態なら自分でも解けるんじゃないのかな」
「解けたらっ、まずいだろうが!」
 一々了解を得て行動するのも癪だが、後々厄介な事を言い出されでもしたら、たまったもんじゃねぇからな。
 女・・・碓井だったか、そいつはもう一つ大きな欠伸をすると、
 じゃあこれを外したら何をしようかね、などと寝ぼけ眼でのたのた近寄ってきた。


「朝ごはん作るの面倒だなあ」
「・・・もう昼近いけどな」
「私が起きた時から始まりなんだよ。ということは始まり、イコール朝だろう」
 いや、違うと思う。
 しかし、そこで反論するとややこしい屁理屈が返ってきそうなのでやめた。
 我ながら賢明な判断だと思う。
「よし、やっぱりご飯は大事だよね。インスタントでいいかい?」
「・・・何でも」
「そう? なら良かった。おにぎりと味噌汁でいいかな。休みはいつも手抜きなんだ。
 いや、仕事の時もだけど」
 たまにかな、自分に豪勢な食事を作るって。
 苦笑しながらガスコンロのスイッチを入れた。
 保温していたらしい炊飯器から白飯を取り出すと、サランラップに包んで手のひらに置く。
 ・・・ラップって、餓鬼みたいだな。
「おかかと、梅干し。あ、梅干し大丈夫? 食べられるかい?」
「なめんな。食べられるに決まってんだろ」
健康的だね。その分じゃ子どもの頃、毎朝ラジオ体操してたクチだろう」
「・・・・・・」
「こりゃ失敬」
 くくっと小さく笑い、あっという間に握り飯を作ってしまうと、
 沸騰までは至っていないお湯に粉末のいりこだしを入れる。
「「あ」」
 こんなに大量の出汁入れやがって。寝ぼけてんじゃねえだろうな?
 そんな気持ちで横目で見れば、碓井は乾いた笑いを漏らした。
「大丈夫。ダシは幾ら入れても美味しい。それは経験済みだ。保証する」
「つまり、何回もダシを入れすぎていると」
「朝はね、手が滑るんだよ。カルシウムに飢えてるからね」
「どういう理屈だ・・・」

 味噌を溶いて、ネギと油揚げを入れて、仕上げに乾燥ワカメを投じれば立派な味噌汁。
 豆腐が足りないが、まあそこはご愛嬌。ようするに眠気と無精が豆腐の存在を見事打ち消してみせた。
「お前なあ、沸騰寸前だったぞ。味噌汁は煮立ったら不味いんだろ?」
「おや、よく知ってるね。でも君はちょっと残念な味の味噌汁と、
 社会的に重要なニュースを知る機会であれば、どちらを取るべきだと思う?」
「ニュースで腹が膨れるか。おれは上手いモンを食べたい」
 っていうか、お前がニュースを見なけりゃ残念な味にはならないんだよ。
「やれやれ、口煩いことだね。しかし、美味しいものを食べたいという欲求はいいことだと思うよ。
 将来料理をしたいと思うようになるかもしれないし。喧嘩するよりはそのほうがずっと健康的だ」
「・・・・・・」
「さあ、そっちが君の分。ああ、そっちじゃなくてソファで食べよう。なあに、こぼしはしないよ。
 そのために紙コップに入れたんだからね」

 物臭もここに極まれり。
 握り飯を置いた皿と、味噌汁が入った紙コップを持ってソファに陣取る。
 テレビのリモコンを操作し、映画を流し始めた。
「これ昨日借りてきたんだけど、明日には返さないといけないんだよね。
 そこでぼーっとするつもりなら、一緒に見るといい。ポップコーンは品切れだけど、どうぞお席へ」
 すっかりペースに巻き込まれているのが分かったが、逆らう理由もなく。
 珍しく大人の意見に従う自分に自分で驚きながらも、大人しく味噌汁をすすったのだった。
 しょっぱすぎた。

「そういえば、なんで昨日は喧嘩してたんだい? 何かの修行中?」
「はぁ? どういう思考してそうなんだ? 単にあいつらが気に食わないの」
「そんでちょっかいだして追いかけられて、最終的には殴られっぱなしになるんだろ?」
 むっとすると、酷い顔してるよと淡々と返された。淡々としすぎていて腹がたたない。何故だ。
「俺だって殴り返したさ。殴られっぱなしじゃねえ」
「別に殴らなくてもいいと思うんだ。勝負に命をかけてると、さらに気持ちが荒んできそうじゃないか。
 例えば速く走れるとか、早く計算が出来るとか、上手に絵を描けるとかの勝負じゃいけないものかね?
 ほら、映画であるだろ。この場所かけてバスケで決めようぜ、みたいな」
「近場にバスケットリングねーし」
「・・・そうなの?」
「ああ・・・・・・って、違ぇ!」
 そんな平和的な青春解決法は望んでない。んな仲良しこよしな関係はあっちだって門前払いだろう。
「あいつらに格の違いを分からせてやるんだ。俺のほうが強いってな。
 それだったら拳が一番分かりやすいだろうが」
「ならボクシングでも始めて鬱憤を昇華させればいいのにね。
 年頃の男の子って、やっぱり気持ちが理解できないな」
 そう言いながら口いっぱいに握り飯を頬張った。おい、ギリギリの量だろうが。
「ハムスターみたいだな」
「もんが?」
「お前の姿を今すぐ見せてやりたいよ」
 どういう食べ方をしたのか、鼻の頭にくっついていたご飯粒を取ってやった。

 

 

お題提供 月と戯れる猫

 


nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

リンさん

お久しぶりです。
新しい連載が始まっていたんですね。
すごく面白いです。
キャラがいいですね。
この少年は高校生かな?悪ガキだけど根っからすれていないのがわかります。
あと、なんといっても男前のおねえさんがいいですね。
カラッとしていて天然っぽいところが面白い。
8話で終わるってことは、最初から結末を考えているんですよね。
すごいなあ。そういう書き方って私には出来ないんですよね~^^;
by リンさん (2012-10-31 16:22) 

愛輝

リンさん(さん)

お久しぶりです~vv
引っ越しでバタバタしていまして、返信できずにいました;
すいません。

面白いですか、よかった!!
一度こういうキャラクターを書いてみたかったんですよね。
お察しの通り、高校生の男の子と、ちょっと…(かな?)ずれてる女性です。

この話は、実はユビキリと同時進行で書いていたもので、このシリーズの1話をアップした時点で完結していたんです。
私も、話数を決めて書くような器用な技はまだ未習得です;

でも、キャラクターがいいなんて、嬉しいですねvV
癖のあるキャラが作れるように、リンさんを見習いたいと思います!
(パクリというわけじゃないですよ;念のため)
by 愛輝 (2012-11-13 13:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。